毎年恒例のイクラ丼

我が家では毎年2回自家製の海鮮丼を作り食べます。

1回目は7月後半のウニ丼
2回目は9月後半のイクラ丼です。

今年のウニ丼はこんな感じ

ウニは殻付きのを行きつけの直売所から購入しそこの海水を汲んできて家でひたすら殻剥き。
殻剥きは疲れるけどこのウニ丼を食ったら飲食店のウ二丼は食べれなくなります。
回転ずしのウニはミョウバンの味が強くて食べられなくなります。

今見ても超絶美味そう!
と言うか本当に美味かった!!

そして昨日作ったのがイクラ丼。
イクラ丼はこれまた行きつけの直売所からサケ毎購入し捌いてイクラを抽出。
サケはこんな感じ。

このサケは上がオス、下がメスです。
銀ギラ銀でとても良いサケです。

で、メスのお腹を割るとこんなの沢山出てきます。

プチプチのイクラが!!
最高に美しいですね。

このイクラを醤油とみりん、酒、めん汁で漬け込むとイクラの醤油漬けの完成!

美味くない筈がない。
最高のイクラ丼の完成です。

メス1匹で今回500g弱のイクラが完成しました。
さっき見たらもう1/3のイクラが無くなっています(笑)

イクラが取れるの時期はあと1ヶ月あります。
NorthPlantの小売りを頑張ってもう一回イクラ丼を作ろうと考える今日この頃。

こんな小さな目標でも仕事に対する熱意が変わりますね。
さて今日も頑張ろうっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です