DropboxからOneDriveへオンラインストレージを変えてみた

2014年NorthPlant立ち上げ当初他の方との情報共有にオンラインストレージと言う物をはじめて使用し始めました。
その当時あまり調べもせずにオススメと言う事でDropboxを選択。
最初は1年契約で1TBの容量で確か年間1万円位払ったはず。

で、数年の後Dropboxは仕事上切っても切れないツールになり
3年契約の3年28,000円位のプランに変更。

仕事場、自宅、スマホといろいろ同期できてとても便利です。
趣味も仕事もプライベートも全てDropboxに詰め込みました(笑)

年間9,300円、月額775円、日額26円程の計算になります。

先日、その3年契約が満期になり
「更新しませんか?」
とメールが来てそのままでも良いと思ったのですが
一応他社オンラインストレージと比較したところ驚くべき結果が。

今は100GBで200円~300円で契約できるじゃないですか!
Dropboxが月額775円ですから月500円位安くなると言う事で本格的に調査。

替え玉に上がったのは
「Google Drive」「iCloud Drive」「OneDrive」の3社。

まずは「Google Drive」
Googleに関してはメール、スプレッドシート、写真などいつもお世話になっているサービスです。
調べてみると上記データも含めての100GBとの事なので
仕事のデータがそこそこある私は、今Dropboxにあるデータを結構削除しないと使い物にならないと感じ却下。

次に「iCloud Drive」
スマホがiPhoneの私にとってiCloud Driveのバックアップは非常に重要。
Google Driveと同じくデータの削除が必要になってくるので却下。

次に「OneDrive」
「OneDrive」に関しては何の干渉もなく全てをストレージに使えるので候補に。

ただ、一つ懸念が。
「本当にDropboxと同じような使い勝手なのか??」
安くはなったが使い勝手が悪くなったら元も子もない。
ですので徹底的に調べました。

が、調べたけども良く分からないのが世の常です(笑)
当たって砕けろ。ダメでも数百円損するだけだ!と契約しファイルの移し替えを行いました。

見切り発車ではじめた「OneDrive」ですが今のところ全く問題なく使えてます。
Dropboxと遜色ない使い勝手です。
ただ100GBしか容量がないので不必要な物はUPせずに必要な物だけを上げています。

オンラインストレージ上もスッキリしたし、整理も出来たのでかえって良かったのかもしれません。

と言う事で「OneDrive」お勧めです。
月224円で100GBのストレージ。

その上のランクが月1,300円程でオフィス使い放題の1TBにバージョンUPできるのも良いですね。

この情報が皆さんの役に立てばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です